リファレンス

ワードプレスの投稿画面がバグったときの初心者の対処法。


ワードプレスが壊れてしまった。いやいや心配いりません。たんなるアップデイトですから。

ワードプレスの投稿画面を従来通りに戻す対処法。

 

あっ!投稿画面が変になってしまった。(泣)

まずは、ワードプレスの投稿画面が突然こんなふうになって驚きました。(あっ、バグった。どうしよう!)

あなたも、こんな状態になってあせっていませんか?

結論から先に書きますね。
心配いりません。実は、これ新しいエディター(文字の編集機能)なそうなんです。
ワードプレスVer5.0以降のものにアップデイトをすると、自動的に新エディター「Gutenberg」に切り替わるとのことでした。
ですから、バグったとか何かが破損したとかというわけではありませんので、安心してください。

ぼくの場合、まったく予備知識のないままに使っていて、突然のことでしたのでかなりあせりました。
やれ、使っているプラグインがよくないだとか、ワードプレスが壊れただとか、素人よろしく的の外れた原因ばかりを想定し、なんとも無駄に四苦八苦。
ワードプレスを自動でアップデイトしている方の中には、同じような思いをされている方もいらっゃるのではないでしょうか?

何はともあれ、原因がわかってほっとしました。

さて、この新エディター。使いこなせば何かと便利なものなのでしょうが、やっぱり使い慣れてる方が楽ですね。
そこで、旧来のものを「クラシック」というそうですが、継続して使用できる設定にしてみましたので、参考までにその方法を紹介します。
これまで通りの環境で使いたいという方にはおすすめです。簡単ですので是非おためしください。

旧来のエディターの設定方法

旧来のエディターを使うには「Classic Editor」というプラグインを使用します。

①はじめに「プラグイン」の「新規追加」をクリックします。

    

 

②新規追加をクリックすると次の画面に切り替わりますので、「キーワード」に Classic Editor と入力します。

 

③「Classic Editor」と入力すると次の画面になりますので、「今すぐインストール」をクリックします。

 

「今すぐインストール」をクリックすると次の画面になりますので、「有効化」をクリックします。作業はこれで完了です。

 

〇これで使い慣れたエディターを使えるようになりました。

※新エディターに切り替えるときは、「Classic Editor」を “停止” すれば使えるようになります。

今回は、新しい流れにあまりに無頓着でいたためあらぬ動揺をしてしまいました。
やっぱり、時々は新しい情報を得て、いつでも適切な対応ができるようにしておきたいものですね。反省、反省。


人気のある記事

  • 杜の都は美しい。仙台の新緑が教えてくれる日常の幸せ。... 自分に素直を日常にしましょう。 仙台は梅雨に入りましたが、今のところそれほどまとまった雨はありません。 郊外はそろそろと新緑の香りが立ちこめて、いい感じの季節を迎えました。杜の都はこれからどんどん...
  • つゆは雨に唄えばのように過ごしたい。... 雨はお好きですか? ぼくはテルテル坊主派です。 仙台も梅雨入りしたそうです。 近頃の雨は風流な奥ゆかしさもなく、なんだか色気のない景色となってしまいましたね。 奏でるショパンの調べも豪雨の唸...
  • 今を悲しい時代にしてはいけません。... 人類におだやかな暮らしを。 ぼくは平和主義者なので、 最近、世界の指導者たちの言動や表情や行動がなんとも悲しくてなりません。 だれも衝突しなければいいのですが。 失業・貧困・人種差別・...