ブログ

特別定額給付金の使い道を考える。


定額給付金の申請書が届きました。例の10万円です。

ぼくはちょっぴり貧乏人の部類かもしれません。

それでも、庶民の意地でやりくりすれば質素ながらも幸福な生活はできるんですね。贅沢を求めなければ、人は淡々と生きていけるんです。(こんなことを言うと、「やりくりしているのは、私でしょ。」と奥さんにチクリと刺されそうですが。w)

そんなところに話題の定額給付金。せっかくだからと真面目に考えてみました。

結局、予期しない緊急事態というのはいつも突然に起こります。仕事を失うことだってあるわけで、そろそろ自分でできる小さな仕事を形にしてみようと思うんです。
まあ、リスクを背負うような歳でもありませんし、無理のない副業的な感じですね。

ということで、給付金は今さらながらの自立に向けて使わさせてもらおうと思います。


お部屋を小さな美術館に。


ただいま準備中