ブログ

紫紺の夏。甲子園交流試合に思うこと。


ただ、選手たちのひたむきな姿を見守ります。

いうまでもなく甲子園といえば高校球児には特別で、無類の感動で魅了し続ける球児のひたむきな姿は、もう100年ものあいだ国民の憧れにもなっています。

紫紺の春の選抜大会がコロナの試練を経て、この夏に甲子園交流試合としてに開催されるようです。
今は社会も汲々としていますから、もしかしたら高校野球の意義を考えさせられるプレイボールになるかもしれませんね。

高校野球には多くの課題があることも知っています。
今回の開催にもいろんな意見もあるでしょう。

ただ、生徒たちには純真なままに野球をさせてあげたいなと思います。

紫紺の夏に夢の中。ぼくはそれを見守るだけです。

関連の記事

〇夏の甲子園。東北勢の決勝進出はここ10年で4度。そろそろ・・


お部屋を小さな美術館に。


ただいま準備中