仙台

女性でも無料でソロキャンプが楽しめる仙台近郊の牛野ダム。


ひとりになりたい時は一人になればいいんです。誰にも遠慮はいりません。だって、自分独りなんだもん。

ときどき一人になりたい時があります。そんな時はキャンプに行きます。ソロキャンってやつです。宮城県の大衡村にある通称、牛野ダムキャンプ場がぼくのとっておきの隠れ家なんです。

最近は、女性のソロキャンパーさんも増えてきたのか、よくみかけるようになりました。ひとりになりたい衝動は、男も女もないみたいです。だって人間だもの。(笑)

正式名称は達居森と湖畔自然公園キャンプ場

この牛野ダム、正式な名称は「達居森と湖畔自然公園キャンプ場」といって、場所は仙台から車で一般道を走って40~50分程度。ドライブを楽しむには疲れなくてちょうどいい距離です。もし、カーナビを使われるようでしたら住所をご案内しておきますね。宮城県黒川郡大衡村大瓜牛野9(おおひらむらおおうりうしの)

ぼくの場合は、このドライブの段階からして気分はすでにキャンプモードなので運転中もウキウキがとまりません。

シーズンは桜が咲くころに始まって、紅葉が散るころに終わるといった感じでしょうか。中には冬キャンプを楽しまれている強者キャンパーさんもいらっしゃるようですが、ぼくは冬は冬眠してます。
昔は、知る人ぞ知るくらいにキャンプの穴場で、いつでもゆったり過ごせたんですけど、最近は誰もが知る(ちょっと大げさかな)人気のキャンプ場になってしまって休日なんかは大賑わいです。

無料で使用できる気軽さから、バーベキューなどのデイキャンプを楽しむファミリーやグループも多く、山頂262mまで続く達居森遊歩道は軽装で楽しめますし、今ではみんなに親しまれている牛野ダムです。

ソロキャンプを楽しむには。

ぼくがソロキャンプを楽しむときは、人気のない場所を選んでテントを張ることにしています。せっかくの一人の時間ですから、とにかく静かな場所を優先します。
キャンプ場は特に区画割されているわけでもありませんし、ダム周辺がまるまるフリーサイト的な感じですから場所はいろいろと選べます。これもこのキャンプ場の魅力のひとつだと思います。

テントを張る場所は、トイレと炊事場は一か所だけですので、最初に場所を確認してからその距離感を頭において選定するといいかもしれませんね。ちなみに水道は以前は無料だったのですが、今は2分間で100円と有料となってしまいました。だれか、水道を出しっぱなしで帰ったとかあったんでしょうか。残念なことです。

駐車場は数台しか置けない申し訳程度のもので、みなさん車は道路のはじに止められています。ということで、道幅が狭くなる分、道路は暗黙の了解かどうかわかりませんが、時計と反対まわりの一方通行が慣行となっているようです。

お買いもの情報

キャンプ場はダムだけに近所にお店は一切ありません。一番近くのコンビニでも車で10分くらいかかります。
ということで、ぼくは買い物はキャンプ場に行く途中にある大和町のまほろばのショッヒング街を利用しています。ここには、スーパーあり、ホームセンターあり、100均ありと、食材から薪まで必要なものがすべて揃い、立地は冷えたビールがぬるくならないうちにキャンプ場に着く程度の距離ですので、新鮮なものも安心して買えます。(宮城県黒川郡大和町吉岡まほろば1-6-25)

食材を買ったらあとは楽しむだけですね!
どうぞ、楽しいキャンプの時間をおすごしくださいね。

関連の記事

〇ソロキャンプ入門。芸人ヒロシさんの焚き火会にあこがれて。

〇仙台近郊で無料でバーベキューが楽しめる加瀬沼公園。


お部屋を小さな美術館に。


ただいま準備中