リファレンス

女性にもアートな写真が簡単に撮れるトイカメラ。通称トイデジ。


ゆるーい感じがトイアート。難しい調整は一切ありません。撮ってて楽しいトイカメラです。

トイカメラ。和訳すると ”おもちゃカメラ” です。

いきなりの紹介に、”おもちゃのカメラなんかでちゃんと撮れるの?”って疑いの声が聞こえてきそうですが、大丈夫です!
独特の風合いの写真が撮れて、けっこう人気なんですよ。

一眼レフカメラの絶妙な世界が好き。

最近はスマホのカメラ機能もすごくよくなり、本当に簡単に綺麗な写真が撮れるようになりましたよね。
インスタ映えなんかの流行は、スマホが生んだ革新的な写真の楽しみ方なんだと思います。
おかげで、メーカーさんで競ったデジタルカメラの売り上げは今では相当落ちているそうで、家電量販店に行っても、デジカメのコーナーは以前のような賑わいがなくなりましたもんね。

一方で、最近は一眼レフカメラの売り上げが伸びているんだそうです。
もっと綺麗な写真が撮りたいと思う方が増えているということなんでしょうね。

たしかに一眼レフのぼかしを使って撮る写真は奥ゆき感が絶妙だったり、光と影の表現が芸術的だったりとデジカメにはない魅力があります。
納得のいく写真を撮れるようになるまでには、いろいろと勉強しなければいけないことも多いのですが、上達を実感していくほどに撮影が面白くなってきます。

ただ高価なんですね。しかもレンズが。(苦笑)

一眼レフは欲しいけど高くて手が出ないという方(ぼくはこっち派です)には、もう一つの写真の楽しみ方ができるトイカメラを紹介しますね。

あなどってはいけません。トイカメラの力を。

始めて知る方もいらっしゃると思いますので簡単にトイカメラを説明しますね。

トイカメラは一眼レフカメラとは逆にすごくシンプルな構造をしていて、写真が写るに必要最小限の原理をカメラに備えたものです。
独特のゆるーい写りが特徴で、フィルムの時代からが根強いファンも大勢いて、ホルガとかロモなんかが有名です。

ということで、トイカメラは決しておもちゃではありません。(笑)

今でもフィルムの愛好家は多いようですが、さすがに今の時代はデジタルのものも増え、トイデシの愛称で親しまれています。
そして、ぼくが撮ったのはトイはこんな感じです。いかがですか。なかなかあなどれない味わいでしょ?

懐かしいかな、ぼくがトイデジを知ったのは10年前くらいになりますが、おもちゃ会社タカラトミー製のシャオスタイルというカメラで撮った写真に魅了されたことを覚えています。
ほしかったのですが、既に生産が終了しており、結局は手にすることはできませんでした。残念。
当時、シャオは大人気だったようです。

簡単に紹介しましたが、トイデジは安いものだと千円程度のものからあります。
撮るのもいたって簡単で、難しい設定はほとんど必要ないんですね。軽いですし、セカンドカメラとして遊ぶのも面白いかもしれませんよ。

どうぞ、楽しいカメラライフをお送りくださいね。


人気のある記事

  • 杜の都は美しい。仙台の新緑が教えてくれる日常の幸せ。... 自分に素直を日常にしましょう。 仙台は梅雨に入りましたが、今のところそれほどまとまった雨はありません。 郊外はそろそろと新緑の香りが立ちこめて、いい感じの季節を迎えました。杜の都はこれからどんどん...
  • つゆは雨に唄えばのように過ごしたい。... 雨はお好きですか? ぼくはテルテル坊主派です。 仙台も梅雨入りしたそうです。 近頃の雨は風流な奥ゆかしさもなく、なんだか色気のない景色となってしまいましたね。 奏でるショパンの調べも豪雨の唸...
  • 今を悲しい時代にしてはいけません。... 人類におだやかな暮らしを。 ぼくは平和主義者なので、 最近、世界の指導者たちの言動や表情や行動がなんとも悲しくてなりません。 だれも衝突しなければいいのですが。 失業・貧困・人種差別・...