リファレンス

知らなかった。廃車に費用がかからないのは常識らしいです。


車を廃車にするのに費用はいったいどれくらいかかるの? きっと、たかいんだろうな。

「もう当分車はのらないから廃車にしたいんだけど、お金はどれくらいかかるのかな?」娘からそんな相談をされて、はて困った。

これまで車は何台か買い換えましたが、旧車はいつも下取りをしてもらっていましので廃車の経験はありません。なので、娘から相談されたときは正直なところ困ってしまいました。
電化製品でも処分するのにけっこうな費用がかかるし、想像すると、あれだけ大きいものだからきっと高いんだろうなとゾッとしました。

どうせ費用はボクに払わせるつもりなんだから。(苦笑)

意外や意外。廃車に費用はかからないんだそうです。

車は税金やら車検やらと、けっこうな維持費がかかりますよね。もし、乗らないということであれば手放すのは賢い選択だと思います。車に価値がのこっていれば買い取ってももらえるのでしょうが、いかんせん古い車で、査定をしてもらったらゼロだったそうです。ということで廃車に。

ただ、一口に廃車と言っても、費用どころか誰に頼めばいいのかさえ分かりません。

今回は、たまたま車の保険の更新時期で、運よく保険屋さんから電話があったので聞いてみました。「娘の車を廃車にしたいんだけど、どうすればいいの?」と。
すると、知り合いの業者さんに頼んであげますよとのことでした。「費用は?」と聞くと、廃車に費用はかかりません。と、驚きの回答。

不思議に思っていろいろと聞いてみたら、車の査定ゼロというのは日本国内での価値のことで、海外では十分に商品として売れるし、たとえば、部品だけでもビジネスになるんだと教えてくれました。業者さんにしてみればタダで仕入れができるわけで、だから、廃車の費用は無料が常識なんだそうです。

さすがにビジネスの世界は広いです。知らないことがたくさんありますね。

数日後、保険屋のおじちゃんが業者さんを連れて来てくれました。用意したのは車検証と印鑑だけです。これで車を無事に引き取ってもらえました。
長いお付き合いの保険屋さん。これまで無事故で保険でお世話になることはありませんでしたが、今回初めて役にたちました。(笑)

関連の記事

〇廃車にしたら自動車保険の契約は解除より一時停止が便利。


人気のある記事

  • 杜の都は美しい。仙台の新緑が教えてくれる日常の幸せ。... 自分に素直を日常にしましょう。 仙台は梅雨に入りましたが、今のところそれほどまとまった雨はありません。 郊外はそろそろと新緑の香りが立ちこめて、いい感じの季節を迎えました。杜の都はこれからどんどん...
  • つゆは雨に唄えばのように過ごしたい。... 雨はお好きですか? ぼくはテルテル坊主派です。 仙台も梅雨入りしたそうです。 近頃の雨は風流な奥ゆかしさもなく、なんだか色気のない景色となってしまいましたね。 奏でるショパンの調べも豪雨の唸...
  • 今を悲しい時代にしてはいけません。... 人類におだやかな暮らしを。 ぼくは平和主義者なので、 最近、世界の指導者たちの言動や表情や行動がなんとも悲しくてなりません。 だれも衝突しなければいいのですが。 失業・貧困・人種差別・...