ブログ

高画質4Kテレビはジャイアント馬場に勝てるのか?


電気屋さんで「最新のテレビですよ」と薦められたら、「このテレビは、おもしろい番組を放送してますか?」と聞いてください。

ぼくは未だにどうしてテレビのなかに人がいるのか不思議でなりません。テレビに関しては昭和の子供のころのままです。
思うに、ぼくたち世代は、テレビでいえば一番楽しめた時代を過ごしてきたんだと思うんです。まさにテレビっ子世代です。

鼻水をたらしていた子供のころはジャイアント馬場の16文キックを最強の武器と信じ、ちょっぴり不良にあこがれた青春時代はジーパン刑事の「なんじゃこりゃー」にしびれ、そして、仕事ってつらいなって実感した大人になったころは「おしん」の名演技に泣かされて、どれもテレビの前にかじりついたワクワク・ドギドキの時間でした。

長いあいだテレビは本当におもしろかったんです。それが今では・・。

おもしろくなければテレビじゃない。これ、常識。

時代とともに新しい技術がどんどん生まれてきます。日本の技術はすごいですね。テレビもしかりで、映像の美しさを探求したハイビジョンは今は4K時代といわれます。ただ、あまりすごいなとは感じないんです。

このテレビ買っても、きっと見ないだろうな。それが実感です。理由は簡単で、番組がおもしろくないんです。ちっとも。

若者のテレビ離れが増えているといいますが、いやいや中高年も同じです。はい。

どこのチャンネルに代えても、なんだかいつも同じような顔ぶれで、内輪だけが楽しいバラエティ。そして、とびこんでくる購買意欲をそぎ、げんなりとさせるどこかの社長さんの大売り出し。
スポーツ観戦をすれば、自分こそ主役だといわんばかりのアナウンサーの大絶叫。

離れていきますよね。

結局、番組がおもしろくないと、いくら高性能なテレビをつくってもなかなか売れないんだと思います。みんな、テレビじゃなくておもしろい番組をみたいんだから。

昭和の子供は、あのワクワクの復活を大いに待ち望んでいるんです。不惑の戦いチャンネル権争いをしたいんです。妹には絶対負けたくないんです。(苦笑)  

番組の制作者の方々、期待してますよ。あの、ジャイアント馬場の16文キックよりも強い衝撃を!

関連の記事

〇朝ドラなつぞら「どうして私には家族がいないの!」に泣いた。

〇地方でニッポン放送、TBSラジオ、文化放送を聞く方法。


人気のある記事

  • 杜の都は美しい。仙台の新緑が教えてくれる日常の幸せ。... 自分に素直を日常にしましょう。 仙台は梅雨に入りましたが、今のところそれほどまとまった雨はありません。 郊外はそろそろと新緑の香りが立ちこめて、いい感じの季節を迎えました。杜の都はこれからどんどん...
  • つゆは雨に唄えばのように過ごしたい。... 雨はお好きですか? ぼくはテルテル坊主派です。 仙台も梅雨入りしたそうです。 近頃の雨は風流な奥ゆかしさもなく、なんだか色気のない景色となってしまいましたね。 奏でるショパンの調べも豪雨の唸...
  • 今を悲しい時代にしてはいけません。... 人類におだやかな暮らしを。 ぼくは平和主義者なので、 最近、世界の指導者たちの言動や表情や行動がなんとも悲しくてなりません。 だれも衝突しなければいいのですが。 失業・貧困・人種差別・...