リファレンス

無煙たばこゼロスタイル・スティックスを試してみた。


世の中『ここでタバコをすってはいけません』だらけ。そろそろ禁煙しようかな。タバコ代もバカにならないくらいに高くなったし。

まだ懲りもせず愛煙家を続けています。健康のためにもお財布のためにも、本当は辞めてしまった方がいいのはわかっているんです。
でも「どうせ辞められないし」とあきらめて、禁煙に取り組もうとすらしないボーっと生きてんじゃねえよ族です。何のことはありません。ただ、たばこを吸いながらボーっとしているのが好きなんです。(笑)

とは言っても、嫌煙家のみなさんの受動喫煙の論理はよくわかります。極論を言うと、よもやこんなことをする人はいないと思いますが、あかちゃんに向けてタバコの煙をフーっと吹きかけるようなもんですもんね。そんなことはしちゃダメなんてことは、チコちゃんに叱られなくてもわかりますダ。

相手が大人だとしても同じこと。やっぱりマナーはマナーとしてきちんと守らないといけませんね。それで初めて愛煙家といえるのだと思います。

ゼロスタイル・スティクスはタバコの代用となりうるか?

ゼロスタイル・スティクスとは

スティクスは、粉末のタバコの葉の入ったカートリッジを吸って楽しむもので、加熱式のものとは違って煙もでないことから昨今の禁煙の流れにはのっかっているように思えます。多少のニコチンも取得できますので。

販売開始が2010年といいますからもう9年くらいたっているんですね。ぼくは最近までまったく知りませんでした。

種類と価格

味(カートリッジ)は、「ブルーミント」「グリーンミント」「ブラウン」「ピンク」の4種類あり、価格は、スタートキットとして〔本体1本とカートリッジ2本のセット〕が430円、詰め替え用として〔カートリッジ2本のセット〕が300円です。カートリッジは吸う頻度にもよりますが1日~2日程度使えるようです。

1本150円で2日もつということは1日なんと75円。これでタバコの代用ができるとなれば、実に経済的でありがたいのですが。まっ、本人の努力次第ということですね。

レビュー

いきなり禁煙は無理でも、できれば人様に迷惑がかからない煙のでないタバコがあればと見つけたのがこのゼロスタイル・スティックスです。いろいろ調べてみましたが、きっと禁煙パイポのようなもんだろうなとあまり期待をしないで購入しました。初の試みは、中でも人気と薦められた「グリーンミント」にしてみました。

早速吸ってみると、思った通り禁煙パイポといっしょです。パイポを吸ったことがある方ならお分かりだと思いますが、とてもタバコの代用にはなりません。のどから胸に迫りくる醍醐味がまるでありません。スカスカなんです。

だからといって全然使えないかというと、そうでもありません。実は、吸っていて気づいたのですが、何やらピリピリとした刺激をかすかにおぼえます。きっとこれがニコチンを摂取している刺激なんでしょうね。これがパイポにはない特徴で、禁煙環境の中で仕事をする時なんかは重宝しそうです。

まとめ

結論からいうと、いきなりスティックスをタバコの代用として扱うのは無理だと思います。ただ、これから禁煙の流れにはますます拍車がかかりそうですし、タバコの吸える場所も激減するでしょう。そうした中での用途を考えれば、このゼロスタイル・スティックスは有効なんだと思うんですね。

考え方としては、タバコの代用というよりも、銘柄を変えたくらいに割り切った方が受け入れやすいような気がします。慣れるまで当分は我慢が必要かもしれませんが。

余談

しかし、いったいこの涙ぐましい努力はなんなんでしょう。なんだか、こんなことを書いているとむなしくなってきますね。まったく、何を力説しているんだか。

嫌煙家の方からは「そんなに苦労するなら、タバコなんかやめてしまえば」との声が聞こえてきそうですが、そうですね。まもなく白旗を上げる予定です。はい。(苦笑)

関連の記事

〇【禁煙】ベイプでタバコを辞めることができました。

〇【禁煙】タバコを辞めたら10日に1度6000円たまるようになった。