仙台

仙台から湯沢・横手へ車で行くときの国道108号の交通事情。


鳴子から湯沢にぬける国道108号は交通量が少なくて、いつでも快適に走れるんです。

仙台から秋田に行く方も多いと思います。車で行くときは東北自動車道から北上ジャンクションを経由して秋田自動車道を利用するのが早いですし一般的でしょう。

ただ、あまりお金をかけたくないという人は、一般道の国道108号を利用しているようですね。ぼくも108派です。県南の湯沢市や横手市に行くにはお金がかからないのでいいですね。特に湯沢市へは鳴子から直結しているので便利だと思います。

信号機がないのでストレスも少ない道路です。

ぼくが仙台から湯沢に行くときは、古川ICまで東北自動車道を使い、そこから一般道を走ります。いつだったか、ずっと高速道で行ったことがありましたが、料金が高い割には所要時間がそれほど変わらなくて。湯沢までだとぐるりと遠回りをすることになるので距離が長くなるんですね。お金がもったいないので、それ以来108号を使うことにしています。もちろん仙台からずっと一般道を走ってもいいんですが、歳を重ねたせいか疲れるようになりまして。なさけない。(笑)

道路事情

この108号。昔はとにかくひどい道路でした。山越えの峠道のうえ、道幅は狭いしカーブの連続で、たしか、そのころで鳴子から湯沢まで2時間くらいかかったんじゃなかったかと思います。冬期間は雪で閉鎖でしたしね。

それが今ではトンネルが何個もできて道幅も広くなり、1時間くらいで着いちゃうんですから驚くほど便利になりました。もちろん冬期間も通行可能で、特筆すべきは除雪のうまさです。雪道でありながら一般道と変わりません。でも、油断してはいけませんよ。やっぱり滑りますから。w

交通量

これだけ立派な道路なんですが、実はほとんど車は走っていません。連休やお盆の季節でもそれほど多くはないんです。時には、対向車も無くまったくの貸切状態になって、夜なんかはちょっぴり寂しくなることすらあります。信号機も鬼首(おにこうべ)付近に1か所あるだけで、あとはずっとノンストップです。これだけの好環境ですのでストレスも少ないんです。

もし、ストレスがかかることがあるとしたら、たまに大型トラックの後ろになることがあります。そんな時は、どうするか。はい、運が悪かったと諦めることです。w

豆情報

ということで、このルートで仙台から湯沢市までは2時間半くらい。さらに横手市まではそこから20分くらいです。そこそこの時間がかかりますので、もし小腹がすいた時のためにおすすめのお立ち寄り情報をひとつ。

古川ICから鳴子に向かう途中に「あ・ら・伊達な道の駅」があります。これが人気の道の駅で休日ともなればお客さんでいっぱいです。実は、ここのかけうどんがおいしいんです。ぼくは、いつも寄って食べてます。一杯300円と安いですし、小腹がすいたらどうぞ食べてみてください。

それでは安全運転でいってらっしゃーい!

関連の記事

〇はじめての湯沢出張。ラーメンを食べるなら一番人気の長寿軒。


人気のある記事

  • 杜の都は美しい。仙台の新緑が教えてくれる日常の幸せ。... 自分に素直を日常にしましょう。 仙台は梅雨に入りましたが、今のところそれほどまとまった雨はありません。 郊外はそろそろと新緑の香りが立ちこめて、いい感じの季節を迎えました。杜の都はこれからどんどん...
  • つゆは雨に唄えばのように過ごしたい。... 雨はお好きですか? ぼくはテルテル坊主派です。 仙台も梅雨入りしたそうです。 近頃の雨は風流な奥ゆかしさもなく、なんだか色気のない景色となってしまいましたね。 奏でるショパンの調べも豪雨の唸...
  • 今を悲しい時代にしてはいけません。... 人類におだやかな暮らしを。 ぼくは平和主義者なので、 最近、世界の指導者たちの言動や表情や行動がなんとも悲しくてなりません。 だれも衝突しなければいいのですが。 失業・貧困・人種差別・...