ブログ

働き方改革。24時間働けますか?の企業戦士は実は働きたくなかった。


24時間働けますか?のCMが流行ったころ、企業戦士たちは「もう働けません」と白旗をふりたかった。

あの頃、本当は毎日がクタクタでもう働きたくなかったんです。早く帰って家族と過ごしたかった。これが本音です。

バブルといわれた好景気の真ん中にいた企業戦士たちも、あのころは良かったという人はそんなに多くはないんじゃないでしょうか。少なくとも、ぼくはあの頃の時代に幸福感を抱いたことはありません。

自分の意志や良心とは相反した社会の趨勢や企業論理に忙殺されていたわけで、疲弊しきった心身のなかで価値観が壊され、きっとあのころぼくの心は鋭気を失い無機質だったと思います。たとえ所得が増えても喜ぶ元気すらなかった。そんな哀れな現実でした。

こんど、24時間働けますか?なんて聞かれたら、「うるさい。お前が働けよ!」とでも言ってやります。(笑)

バブルが崩壊して失われた20年ともいわれますが、ぼくにしてみれば、バブルにしたって大切な何かを奪われた時代なんです。

働き方改革で生きやすい社会になるといいね。

働き方改革、始まりましたね。今の労働環境や将来の社会的な構造を考えれば主旨には賛同します。特に長時間労働でいえば、仕事で心の病気になる人が増え続ける社会というのはやっぱり変えていく必要があると思います。残念ながら、今の日本は自浄能力の高い企業や団体は少ないですから、国がある程度のガイドラインを示すということは変革の理には適っていると思います。

ただ、国の政策は時に画餅になることもあり、ゆとり教育がゆとり世代を生んだように、途中でとん挫して、あとになって「やっぱり改革世代は」と揶揄されなければいいんですけどね。

そして、うがった見方をすると、どうもこれは往年の大企業ベースのガイドラインで、正直なところ中小企業がこれを実現するには相当難しいものになっています。もっと言えば、会社の存続にも関わる内容だとも思います。原因は簡単です。直接的な総生産時間、つまりは企業の利潤を奪うものだからです。

きっと、企業と労働者の関係性において、この点の調整が一番難しいところではないでしょうか?特に中小企業の労務担当や管理職の方はご苦労されることと思います。

いずれにしても、この改革は労働環境の枠組みを改善していくもので、労働者にとっては仕事に拘束される時間が短縮されるわけで、少なからず自由に使える時間を持てるようになります。もちろんそんなに簡単に事が運ぶとは思いませんが、個人が幸福論に立てる価値ある改革だと思うんです。ぜひ真剣に取り組んでみたいものです。

最後に

働き方改革のコンセプトのなかに「多様な働き方」というのがありますが、こと仕事という概念にあっては、現時点では個人の多様性を受け入れるほど成熟した社会にはなっていません。むしろ、まだまだ多様な価値観は差別されたり排除される傾向にあります。ですから、これを機にと多様性を転職に置き換えないで、まずは現行の仕事観とご自分の幸福論の中で改革の意義を考えてみるといいと思います。誤った選択は不幸になるだけですよ。

関連の記事

〇ズル休みのすすめ。ズルっこホリデーでブータン的な時間を楽しもう。