リファレンス

テレビ番組で明石家さんまさんが立ち寄った千本だんごが美味しい。


テレビ番組「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」のロケで明石家さんまがやってきた。(笑)

山形県の最上川沿いにある大石田町。小ぢんまりとしていてとても静かな街なんですが、そんな街にある小さなお団子屋さんに、なんとあの明石家さんまさんが来たというからビックリ。なんでもテレビ番組のロケだったそうで、放送後は、もともと地元では人気だったお店も今ではすっかり全国区の有名店になったみたいです。

やっぱりさんまさんの人気はスゴイですね。お店は大盛りあがりだったそうです。ちなみに番組は「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」で、出川さんの「ヤバいよ。ヤバいよ。」も、すっかりおなじみとなりましたね。ぼく、憎めなくて好きなタレントさんです。(笑)

横丁とうふ店の最上川千本だんご

千本だんごの名前の由来は、一日に千本を売り上げたところからきているそうです。一度食べてみたいと思いホームページで調べてみたら『無添加ですので当日中にご賞味ください。』とあって、通信販売は行ってないとのことでした。

添加物の入っていないお団子は翌日には固くなってしまうみたいで、遠方に住んでいる方には残念ですが、美味しいものは美味しいうちに食べてほしいとの計らいは、お店の心づかいですね。

それならお店に行くしかありません。仙台から車を飛ばして行ってきましたよ。w

食レポ

茶屋を感じさせる玄関口を入ると、可愛い商品ディスプレイの受付処があります。こちらで注文をするんですが、メニューが豊富なうえ、どれもこれも美味しそうで必ず迷うと思います。

注文のコツは、あとで「あれも食べておけばよかった。」なんて後悔しないように、たくさんの種類を食べれるようにお腹を空かして行くことです。w

参考まで、一番人気は「ずんだだんご」なんだそうです。

 ※千本だんごさんのホームページより。

はい、ここでワンポイント豆知識です。どうやら「ずんだ」という言葉は東北地方のものらしく、知らない方もいらっしゃると思いますのでちょっと解説をしますと、ずんだは枝豆を茹でてすりつぶしたものなんですよ。

 

ぼくが行った日は残念なことに、この「ずんだだんご」が好評すぎて品切れということでした。なんでも、用意していた枝豆がなくなってしまったんだと。(泣)そんなことで、今回は「しょうゆだんご」と「ごまだんご」を食べてみました。

待つこと数分。「おまたせしました。」の声に差し出されたお団子を見てびっくり。しょうゆだれもごまもたっぷりすぎるくらいかかっていて大感動です。1本120円なんですが、採算は大丈夫なのかなと心配になるくらいでした。(汗)

食べてみると、ふんわりモチモチととにかくやわらかくて美味しいんです。まさに絶品で、さすがに1日に千本売れるだけのことはありますね。砂糖や酵素などの添加物を一切使用していないといいますから本当に極上のおだんごで、ぜひ一度ご賞味あれです。おすすめですよ。

カーナビ情報

場 所:山形県北村山郡大石田町大字大石田乙76
電 話:0237-35-2312
定休日:不定期
営業時間:8:30~17:30
駐車台数:40台

関連の記事

〇仙台にある物産館。秋保ヴィレッジ アグリエの森が楽しい。

〇秋田の味が美味しかった。おみやげを買うなら地元のスーパー。


人気のある記事

  • 杜の都は美しい。仙台の新緑が教えてくれる日常の幸せ。... 自分に素直を日常にしましょう。 仙台は梅雨に入りましたが、今のところそれほどまとまった雨はありません。 郊外はそろそろと新緑の香りが立ちこめて、いい感じの季節を迎えました。杜の都はこれからどんどん...
  • つゆは雨に唄えばのように過ごしたい。... 雨はお好きですか? ぼくはテルテル坊主派です。 仙台も梅雨入りしたそうです。 近頃の雨は風流な奥ゆかしさもなく、なんだか色気のない景色となってしまいましたね。 奏でるショパンの調べも豪雨の唸...
  • 今を悲しい時代にしてはいけません。... 人類におだやかな暮らしを。 ぼくは平和主義者なので、 最近、世界の指導者たちの言動や表情や行動がなんとも悲しくてなりません。 だれも衝突しなければいいのですが。 失業・貧困・人種差別・...