ブログ

あおり運転にあわないための3つの対策+1。


君子、危うきは向こうから勝手にやってくる。あおり運転、こわ!

最近テレビでは常磐自動車道で起きた「あおり運転殴打事件」が、繰り返し放送されています。初めて映像を見た時は、とんでもない運転だと不快な気分になりましたが、モザイクがとれ運転手の形相をみたときには、テレビをみているだけで「怖い」の恐怖心でいっぱいでした。

車を運転する機会が多いので、とても他人事ではありません。自分なりに予防策を考えてみました。巻き込まれたらたまったもんじゃありませんしね。

マナーを守ることが一番の予防なのかもしれません。

相手があることですし100%の予防というのはないのかもしれませんが、一応自分でできることをやってみましょう。
あおられるには何かしらの原因があるんでしょう。きっと相手をムカっとさせる行為が起爆剤になって、たとえその行為が過失だったとしても誤解を与えてしまえば危険ですね。

ということで最低限、自分がやられて嫌なことはしないことをメモしてみました。まるで小学生の時に習った道徳のようですが、やっぱりマナーは大事なことです。

車間距離

車間距離を詰められて走られるのは嫌ですね。妙なプレッシャーを感じますし、それだけで煽られているような気になるときもあります。逆の立場で考えたらわかります。車間距離は誤解されないくらいに取りましょうね。

割り込み

もともと車間距離は取る方ですが、たまに急に割り込まれたりすることがあって、流石にそれはムカッとしますね。(まだまだ人間が未熟です。w)そしてよくあるのが、信号待ちのレーンでの割り込み。こらこら、それはダメでしょ。言うまでもありませんね。割り込みはよしましょう。

ウィンカー

意外なところでウィンカーの使い方があります。車線変更や道を譲った時にウィンカーをださない。出しても1回だけ。ぼくはあまり気にならないのですが、けっこうこれにムカつくドライバーさんが多いんだそうです。「なんだよ、せっかく入れてあげたのに挨拶もなしかよ。ムカ。」気をつけましょうね。譲ってもらったらハザード3回で感謝の意を伝えましょう。

ドライブレコーダーの効果

いろいろと書きましたが、考えてみるとすべて運転マナーによるものですね。きっとこれだけでは回避できないこともたくさんあるんだと思います。たとえば、初心者マークや高齢者マークをつけているだけで煽られる。軽自動車に乗っているだけで煽られる。こんなの対処のしようがありませんよね。

最近は、ドライブレコーダーの装着車が増えているんだそうです。あおり運転が社会現象になっている今、これまでに煽られた経験のあるドライバーは9割くらいにのぼるんだと。ぼくも経験がありますが怖かったですもんね。きっと、今回の「あおり運転殴打事件」は、みなさん自分におきかえて考えているんでしょうね。

「あおり運転」は証拠がないと検挙できにくいとされてます。そうした意味では、ドライブレコーダーは万が一の時は証拠として採用されます。今回の事件にしても映像がなかったら被害者の方は泣き寝入りだったかもしれません。社会に広く周知できたことも大きな役割だったと思います。

このドライブレコーダーは予防としても効果があるようです。まだまだ高価でなかなか購入できないという方には、「ドラレコ装着車」のステッカーを張るだけでも効果が期待できるようですので検討してみてはいかがでしょう。ちなみに、ステッカーは100円ショップでも購入できるようですよ。

関連の記事

〇どうしてウインカーをだしてくれないの。方向指示器は街の案内人。