仙台

新型コロナウィルスに負けない。仙台も新しい日常へ。


政治家さんたちは、もっと国民を尊敬したほうがいい。

仙台は緊急事態宣言が解除されてから初めての週末となりました。

街の中心部にある百貨店も再開し、自粛していた秒針が動き始めた感じです。市民に親しまれている老舗が息吹くというのは勇気になりますね。大きな不安の中、仙台もこれから少しずつ新しい日常へと移ろいでいくんだと思います。もっともっと生きやすくて住みやすい日常になることを願うばかりです。

そんな折、国が新しい生活様式というものを発表しましたが、もはや微細な制約はいらないですよね。不要不急の理解だけで日本人の聡明さは証明されましたし、ほんとゴールデンウィーク期間の国民の清らかな自制心には感動しました。自粛が司った街の静けさこそが日本人の芯の強さなんだと思います。

とは言っても、まだまだ油断はできません。やっぱり感染予防には慎重にならないといけませんね。新しい日常をつくるには健全な心身が必要です。がんばりましょう。


お部屋を小さな美術館に。


ただいま準備中

人気のある記事

  • 日々ほほ笑んで過ごせば人生好転するでしょう。... 今日の目標。 長いこと大声でゲラゲラと笑ったことがない。 無邪気。もう失くしてしまったかな、子供のころの宝物。 憂うつに沈んでばかりもいられないし、ちょっと気分を晴らしてみましょうか。 ...
  • 新しい生活様式の日常はハッピーかもしれない。... 全国の緊急事態宣言解除まであと少し。がんばりましょう。 花金です。が、今週も自粛しました。 なんだか、自粛生活も続ければ慣れてくるもので、不要不急の精神って何かと諸々に効率的なんですね。お小遣...
  • 人を傷つけてはいけません。... 人は思いやりをも失ってしまったのでしょうか。 春、田んぼに水を張って代掻きが終わった頃の季節が好きです。 特に夕焼けのひとときに、赤くキラキラと輝く田んぼの風景はどこか懐かしくてほっとします。なん...