クラフトコート

着物姿を残しておきたい。成人式の写真で記念の色紙。


人生の彩を宝物に。メモリーは写真で作る記念の色紙です。

成人の日に、「おめでとうございます。今日からあなたは大人です。」なんて言われても、なんだかピンときませんよね。ぼくもそうでした。(笑)
でも、何年も大人の時間を生きると必ず二十歳のころが眩しい記憶になるんです。それを知るのは何十年も先のことかな。どうぞ、まぶしいままの君でいてください。

メモリー通信

今回ご紹介する「メモリー」は、成人式の彩を作品にしたものです。

艶やかですね。まさに生きている今この瞬間の美です。何の言葉もいりませんね。ただひたすらに眩しいです。

実は、この作品のご依頼はお母様からのものなんです。「娘の着物姿を残しておきたい。」と。

成人の日。遥かなる二十歳はもちろん本人の歩みではあるのですが、一方で親の人生そのものでもあるような気がします。

育児に不安もあったでしょう。子育てに心配もあったでしょう。それでも惜しみなく注いだ愛情は、すべて子供の健やかな成長を願ってのこと。子供と一緒に費やした思い出の全部が、親の幸福であり宝物なんだと思うんです。

作品を作っていて思うことは親御さんへの敬意です。娘さんのご成人、本当におめでとうございます。

よくある質問

よく「メモリーを飾るときはどうすればいいですか?」のご質問をもらいますが、推奨しているのはイーゼル(三脚)です。

100円ショップで小さなイーゼルが売っていますが、これがメモリーにジャストサイズなんです。お部屋にチョコンと置くだけでとってもお洒落な雰囲気になりますよ。

関連の記事

〇大震災の記録。希望の芽はお子さんの成長の証。